2018年は、乃木坂46にとって一つの節目の年になるのかもしれない。
乃木坂の顔として尽力していた、生駒里奈が卒業し、世代交代を余儀なくされている。

Screenshot_20180924-224700

先日、西野七瀬自身のブログより卒業が発表された。
Screenshot_20180927-014156_46awy
Screenshot_20180927-014214_46awy

とても悲しいですが、芸能界には残るそうで今後の活躍にも期待したい。

卒業ライブには絶対に行くべき(笑)。

Screenshot_20180128-182130

また、1期生の川村真洋や斉藤ちはるも卒業しており、さらに若月佑美や能條愛未も卒業を発表した。

7年もの間支えてきた1期生の卒業で、今後は新しい乃木坂を作っていかなくてはならない。

1期生の陰に隠れて、3期生の台頭に苦戦している2期生には大いに努力を求めたい。


続きを読む