カテゴリ: 鉄道

続き。
8d1ed462a78c5b83207e532f755bfb4fc08f14ff


  1. 在来線ホームを新幹線ホームに転用する
  2. 札幌駅の南側に新幹線ホームを新設する
  3. 地下ホームを作る


新幹線利用者の利便性を図るならば、地下ホームを新設することは、絶対に避けなければならない。
在来線との乗り換えに時間が掛かるようならば、新幹線を使う意味がない。
それでは、飛行機には勝てない

ならば、在来線ホームを新幹線ホームに転用するのは、どうだろうか。
普段、札幌駅を利用しない人にとっては、乗り換えの利便性が高まり、良い案だと言える。
しかし、そうすると在来線の本数を減らす必要が出てくる。でないと、札幌駅がパンク状態になると思う。

消去法にはなってしまうが、新幹線ホームは札幌駅の南側地上に新設する方向で進めるのが最善だと思う。
在来線に迷惑を掛けず、乗り換えも地下よりはスムーズに行える。

どうか、北海道民・新幹線関係者の方々、新幹線の将来を考えた上で、判断を下してほしい。
Screenshot_20180120-080402



過ちは、JR北海道を失意のドン底に叩き落とす危険性がある。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

北海道新幹線新函館北斗までの一部先行開業し、札幌までの早期延伸が期待される。
main_hokkaido_sp

さて、そこで問題視されていることが、札幌駅のホームを何処にするのかだ。

  1. 在来線ホームを新幹線ホームに転用する
  2. 札幌駅の南側に新幹線ホームを新設する
  3. 地下ホームを作る
以上の3案がある。
667e507465b815a2af887033bcf35934e7ff15e8

元々は、こんな問題は起こるはずはなかった。なぜなら、新幹線用地は確保されていたはずなのだから。
現在は、大丸やJRタワーがあるが、その場所が本来は将来の新幹線開業のために、買収していた場所だ。
北海道民とJR北海道は、新幹線が来るはずがないと思っていた!?
札幌まで開業したとして、一体どこまでの人が利用するのだろうか。
まず、東京や埼玉などの関東以西の人たちは、よっぽどのマニアでないと飛行機を利用することにだろう。
そう考えると、東北以北の人たちにしか利用は見込めない。

誰もが北海道に新幹線は来ないと思うだろう。

でも、今さらウダウダ言っていられない。2031年は何もせずともやってくる。それまでに、札幌駅のホームを確保しなければならない。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

JR北海道が、4月より『スマホ定期券』を導入する。

スマートフォンアプリで予約・購入でき、画面に表示させて乗車することができる。
有人駅が少なく、定期券の購入に手間がかかる区間(石北線:西留辺蘂-釧網線:緑)で導入する。

Screenshot_20180117-201731

改札機を通るのではなく、係員にスマホ画面を見せるものだという。

無人駅が少ない都会では、必要のないものといえるだろう。


これにより、利便性が高まることを期待している。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2018年4月より、大阪市営地下鉄が民営化され、大阪市高速電気軌道株式会社としてスタートする。
280px-Osaka_Subway_31901F_20110913


乗車券類や各種割引は、民営化前と変わらず継続される予定だそうだ。

また、大阪市高速電気軌道という名称については、呼びやすい愛称が決まればそちらでの呼称を検討する。


どんな名前になるのだろう。

東京に倣って大阪メトロ?
浪速サブウェイは?なんか速そうw

今から、少し楽しみだ。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ