カテゴリ: 紹介

先日、東海道新幹線の新型車両『N700S』の内部が公開された。

『Supreme(最高の)』から頭文字のSを取り名付けられた。『Advance』のAから引き継がれる。
Screenshot_20180311-135525


普通車をより快適性が増し、サラリーマンにとって都合の良いコンセントが、全席に設置させることになる。
グリーン車以外では、窓側の席及び車両の前方(後方)部分にのみ設置されていたが、全席に拡大される。
肘掛けの先端に設置され、テーブルにパソコンを置き作業をすることも可能だ。
Screenshot_20180311-140441

時間は、より有効に活用できそうだ。

29B9C85B-588E-4DD4-9D4C-474BC3A8121E

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

平昌冬季五輪が終わり、未だ冷めやらぬ興奮を抑えるのに必死な今日この頃(笑)。

さて、2月28日に2020年の東京夏季五輪の公式マスコットが、全国の小学生の投票により決定した。


私の推していた『ア案』に決まった。

[画像:a674cfee-s.jpg]
近未来的なデザインで、他2つとは第1印象が違った。
ただ一つ気がかりなのは、ゆるキャラのように、人懐っこくなるのは厳しいかもしれない。
でも、五輪でその必要はないのかもしれない。宣伝効果があれば問題ないのだから。

一先ず、盗作と指摘されないことを祈ることにしよう。
image


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2月24日にカーリング女子の3位決定戦があった。
惜しくも準決勝で韓国に惜敗した日本は、3位決定戦でイギリスと対戦した。
Screenshot_20180224-232242

試合は、1点を取り合うシーソーゲームが続いた。
最後は、イギリスのミスショットが重なり、日本に流れが傾き勝利した。

カーリングでは、後攻にストーンを投げる方が有利とされる。その際、2点を取ることが定石で、また、先攻に1点を取らせたりして、有利な後攻になろうとする。

今大会もそういう駆け引きが、繰り広げられていた。

その魅力に私も惹かれた一人だ。


長野五輪で正式種目になってから、やっと今回、平昌五輪で初めてメダルを獲得した。銅メダルだ。



「平昌冬季五輪で3位決定戦に臨むカーリング女子日本代表が銅メダルを獲得すれば、100俵の「報奨米」が贈られることになった。オフィシャルスポンサーを務める全国農業協同組合連合会(JA全農)が急きょ決めた」
ちなみに、石川佳純が卓球で銅メダルを獲得したときも贈られていた。

また2年後は、東京で夏季オリンピックが開かれ、そしてその2年後には、北京で冬季オリンピックが開かれる。
アジアで開かれる祭典で、地の利を存分に生かし、また私たちを興奮させてほしい。

選手の皆さん、ありがとうございました。




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2月24日にスピードスケート最終競技の新種目・マススタートの決勝があった。


その決勝に上がった高木菜那が、金メダルを獲得し、初代女王となった。

Screenshot_20180224-232305


開始前は、「どこで盛り上がれば良いのか」と言った戸惑う声もあった。
しかし、テレビ観戦すれば解説や実況者のおかげか、そんな不安は吹き飛び、最後のコーナーで内から抜いた時が、盛り上がるべき場所だった。



翌日は閉会式となり、日本は冬季五輪での最多メダルを更新し、総数13個で大会を終えることになる。


また2年後は、東京で夏季オリンピックが開かれ、そしてその2年後には、北京で冬季オリンピックが開かれる。
アジアで開かれる祭典で、地の利を存分に生かし、また私たちを興奮させてほしい。

選手の皆さん、ありがとうございました。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2月23日(金)に2018シーズンのJ1リーグが開幕した。

少し前までは、土曜日がJ1・日曜日がJ2の試合が固定で実施されていた。
それが、昨季は撤廃され固定開催ではなくなった。
そして、今季は金曜ナイトマッチが設定されるようになった。
90984ab53f3789d90178d32e297d7336

海外では、すでに導入済みのリーグもあるが、Jリーグでは初の試みだ。
集客の不安は否めないが、試合を分散させることで、多くの人に観戦する機会を与えることは出来る。



その試合結果は、1-1のドローでの決着だった。
他の試合は翌土曜日と日曜日に実施される。


また、熱くなれる時間が来る!
最高の週末が訪れる。

さらに今年は、ワールドカップイヤーだ。

いつも以上に、サッカー界が熱狂の渦に包まれる。

さぁ、新しいJリーグへ!


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ