2020年01月

煎じた緑茶を飲んだ。苦い、美味しくない。
畳が敷き詰められたその場所は、茶室と呼ばれていた。座布団に正座し、静かでかしこまった雰囲気の中で、ただ、お茶をすすった。
なぜ私は、こんなところにいるのだろうか。それは、隣の小娘に連れ回されているからだ。

「苦っ!」
淹れてくださってのになんと失礼なやつだ。

私と小娘は、街コンと呼ばれる会合に参加していた。千利休コンという名前だそうだ。こんな馬鹿げた企画を考えた者は誰だ、うちの小娘は、こういうのに引っ掛かる女なのだ。危なっかしくて、側を離れられない。
当然だが、相手の男性なんていない。お茶を淹れてくださった方と私たちの3人だけだ。
なんとも奇妙な時間が過ぎていく。

「帰ろうよ」
痺れを切らした私は、そう小娘に言った。

「苦〰️い」
はあ、全く聞く耳を持っていない。
私は、鞄を手に持ち茶室を出た。それに気が付いた小娘もまた後に続く。

街コンへ参加したのは、もう何回目だろうか。私は、面白半分で参加しているだけだが、小娘は本気だ。

「ねぇ、お茶してから帰ろうよ」
なんて能天気なのか。木造建築の門をくぐり、私の後を追う小娘は小走りでその甲高い声を発した。
「お茶って、さっき飲んだじゃん」
私の正論には返事をせず、さっと手を取り引っ張った。
しぶしぶ歩いて喫茶店へ入った。私と小娘は共に、先程の苦味を消したいかのように、甘ったるいミルクティーを選んだ。
「甘っ!」
どれだけ単純なんだか…。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

年が明けた2020年1月1日。
元日に国立が帰ってきた。令和初の天皇杯で戴冠はどちらの手に渡るのか。

タレント軍団のヴィッセル神戸
VS
常勝軍団の鹿島アントラーズ

Ar7Z5_231204-1

国立競技場に集まった5万7千人もの観客が、高い興奮状態のまま、キックオフの笛が鳴った。

初の決勝進出のヴィッセル神戸サポーターは、何処か浮き足立ち、常連の鹿島アントラーズサポーターは、落ち着いているように思えた。

試合は、2-0でヴィッセル神戸が初優勝した。

photo_24
IMG_20200119_105959


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ